スポンサード リンク

スポンサード リンク

準備はできてますか?2017年中にビットコインの使えるお店が26万店に急増中!

マネー

準備はできてますか?2017年中にビットコインの使えるお店が26万店に急増中!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

日用品や居酒屋でビットコインでお支払が可能に

2017年4月5日(水)の日本経済新聞の1面
ビットコイン対応26万店」と大見出しで
書かれていた。

新聞の記事を読んでみると、仮想通貨の
ビットコインを、今までは投資対象として
売買されてきたが、今後は企業が新たな
決済手段として店舗に導入
する動きが
広がり始めたとのこと。

直近の動きでは、ビックカメラが今週内に
東京都内に2店舗(有楽町店と新宿東口店)、
ビットコインで決済ができる店舗を
試験導入する予定。
(当面決済の上限は、10万円相当)

リクルートライフスタイルの店舗でも、
店舗が希望すれば、ビットコインが使用
できるようにし、夏を目処に最大26万店で
利用できるようにするとのこと。

それぞれ、ビットコインの取引所は、
ビックカメラは、ビットコインの取引所では
国内最大手の「ビットフライヤー」と組み、
リクルートライフスタイルは、
コインチェック」とそれぞれタッグを組む。

この動きは、2020年のオリンピックや
パラリンピック開催を視野に入れ、
訪日外国人のビットコインの国内利用を
狙ったものである。

これがトリガーになり、日本の消費者への
ビットコイン決済の普及につながるのでは
ないだろうか?

こんなお店で使えるようになる

コインチェックのまとめによると、
ビットコインが使える店舗は、今年急増
するようだ。

2016年末に時点で、約4500店舗だったのが
2017年末には、26万店と予想している。

例えば、
居酒屋「はなの舞」
メガネ店「JINS」「メガネスーパー」
アパレル「ユナイテッドアローズ」
雑貨店「PLAZA」
施設「瀬長島ウミカジテラス」(沖縄県)
などが、ビットコイン決済ができるようになる。

ビットコインとは?

ビットコインとは、インターネット上で
使用する、仮想通貨の一種で、2009年に
登場し、現時点での、時価総額は2兆円を
超えており、仮想通貨全体の約70%を
占めている。

仮想通貨は、全世界で約600種類以上が
流通しており、日本円や米国ドルなど
法定通貨を発行し管理する、中央銀行
(日本では、日銀)の存在が無いことが特徴
となっている。

仮想通貨の利用者は、「取引所」と呼ばれる
事業者に銀行と同じように口座を開設し、
ビットコインを売買することができるようになる。

取引所で購入した仮想通貨は「ウォレット」
と呼ばれる電子財布をインターネット上に
作成して保管する。

このウォレットは自分のパソコンやスマホ
からアクセスし、管理することができる。

日本では、2017年4月1日から、
改正資金決済法(仮想通貨法の成立)が
施工され、国内の「取引所」には金融庁が
登録制を導入し安全面での制度の整備が
進んでいる。
仮想通貨法についてはこちら(ビットフライヤーサイト)


無料ブログ作成ツール Dreamersのご紹介

無料キュレーションサイト作成ツール
Dreamers」を使用すれば、いま話題の
おまとめサイト(キュレーションサイト)が、
簡単にしかも無料で作成できます。

あなたが作成する記事に色々な画像や動画、
ツイートを集めてきてくれる機能や、
キーワード入力すると自動で記事を提案
してくれるサジェスト記事作成機能も
備わっており、誰でも簡単に、自分の
キュレーションサイトが無料で作れます。

記事のジャンルは、「旅行」「ニュース」
「美容・健康」「ゲーム」「ノンジャンル」
「ペット」「自動車」の7つがあり、
それぞれのジャンルであなたのサイトを
作ることができます。
(このサイトもDreamersで作成しています。)

Sponsord link

1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ